Subscribe via RSS Feed

行かない理由はない!東京からわずか2時間弱でヨーロッパ文化圏へ。ウラジオストクの魅力。


ウラジオストク(ロシア)に行って来ました。
きっかけは、こちらの記事を読んだからです。

「え!?成田から2時間30分でヨーロッパの都市文化圏に行けるの?」
「え!?ビザが簡単に取れるの?」

成田から沖縄に行くよりも短い時間でロシアに行けてしまう!
それなら行くしかないでしょう!と友達を誘い日程を決めて準備を開始。

ビザはインターネット経由で簡単に取得できます

ビザは昨年8月からネットで申請し取得できるようになりました。

※こちらのページから取得できます

日本語の説明に沿って入力していくだけで、わずか数日でビザが取得できます。
取得できれば、プリントアウトして準備完了です!

簡単に取得できる電子ビザ最高ですね!

しかし、簡単に取得できるというところにワナがありました。
フライト当日、成田空港のカウンターで搭乗手続きをしている友達がなかなか帰ってきません。

様子を見に行くとなんとビザ申請時に姓名を逆に申請してしまっており、搭乗できないというのです。
大使館などに電話してみるもどうしようもないとのこと。
ウラジオストク在住の方に聞いてみると、生年月日やパスポート番号を間違えて申請してしまい、そのままウラジオストクに来てしまった方でも入国できたケースはあるとのことでした。
航空会社の方にその旨を伝えて、ダメ元で搭乗させてくれないか交渉したのですが、もし強制送還になると、航空会社の責任になり罰金50万円ほどを課せられるので搭乗させるわけにはいかないとのことでした。

大使館にビザの申請に行くのであれば、そこでパスポートとの照合チェックなどあったでしょう。
しかし、電子ビザはこちらが申請したものが何も確認されずそのまま通ってしまうのです。
思わぬ落とし穴があり、急遽、私は一人でウラジオストクに行くことになったのでした。

本当に2時間30分で到着しました・・・

今回利用したのはオーロラ航空。
なんと、プロペラ機です。

これでロシアまで行けるの?なんて若干不安を覚えましたが、特に揺れることもなく本当に成田から2時間30分で到着してしまいました。

空港から市内へは電車で移動。
1時間ほどごとごと揺られ到着。

下の写真の駅舎はシベリア鉄道の東の始発となるウラジオストク駅。
モスクワまで続く9,301km。約1週間で到着するようです。
一度チャレンジしたいようなしたくないような(笑)

ホテルに到着すると見たことないカエルがカウンターで迎えてくれました。
ロビーには中国人の方がたくさん。
中国人、韓国人の観光客は街なかでも結構見かけます。
残念ながら日本人の観光客には一人も見かけませんでした。

街中はヨーロッパ文化圏の風景が広がります

荷物を置いて街を散策。
見るからにヨーロッパ文化圏の街並みです。
東京を発ってから、わずか数時間でこの街並みがあるというのは本当に不思議です。

ロシアの料理って美味しいの?

少し味付けが単調に感じることもありますが、どれを食べても美味しく日本人の口に合います。
海が近いので海鮮も新鮮で美味しいです。

ウラジオストクで活躍する日本人

夜は現地で独立して働いている日本人の方にアポを取らせていただき、ウラジオストクの生活やビジネスについてお話を聞かせていただきました。
異国の地でがんばっておられる姿を見ると勇気をもらえますね。

ウラジオストクでカメラマンとして活動する安達貴さん

ウラジオストク情報サイト「ウラジオCOM」を運営する宮本智さん
ウラジオCOM 宮本智さん

ウラジオストクのコワーキングスペースに行ってみた

私のような場所を変えながら仕事をするものにとって、コワーキングスペースの存在はとても有り難いものです。
ウラジオストクにもあるか調べてみると、ちょうど宿泊してるホテルのそばにありました。

非常に広々としたオシャレな空間。
1日利用のドロップインも可能で約600円でした。
ロシアの方は寡黙の方が多いようで、10名上の利用者がいてましたが話す声も小声でとても集中して仕事ができました。

英語は通じるのか?

カフェやコワーキングスペースでは普通に通じました。
ホテルは1泊5,000円程度のところに宿泊したのですが、通じるスタッフ、通じないスタッフ半々ぐらいのようでした。
過去の冷戦時代のことなどを考えると通じなくて当然なのですが、若い人は必要な場所では話せる人が増えてきているのではないかと感じました。
ただ、帰りの成田空港の入国カウンターで係員が「Japanese Only!」と案内していても、私の前を歩いていた若者グループにはまったく通じていなかったので、一般の方はまだまだという感じかもしれません。
ちなみにアメリカの歌が流行っているようで、カフェやコワーキングスペース、レストランでかかっていました。


実はロシア人は親日?!

現地に住んでいる方に聞いたところ、こちらに住んで差別を受けたことはないとのこと。
むしろ、日本人とわかると畏敬の念を持たれることが多いそうです。
経済的に発展していること、日本製商品の素晴らしさ(走っている車の多くが日本車)などについて認めてくれているそうです。
こういうデータもあります。
外務省が平成28年にロシアの民間調査機関会社に委託して,ロシアにおける対日世論調査を行いました。
結果は次のようなものでした。
日本との関係が「友好関係にある」または「どちらかというと友好関係にある」と回答した者が78%であり、また,ロシアにとって日本との友好関係は「重要」または「どちらかというと重要」と回答した者は97%でした。
そして、「最も信頼できる国はどこか」という問について、日本と回答した割合は9.9%であり中国に次ぐ第2位でした。

気になる治安は?

現地在住の方は特に危険な目にあったことはないとのことでした。
あるガイドブックなどには夜20時以降の外出は控えましょうという表記があるようですが、その方曰く、特に危なくなく夜も楽しい街なので、必要以上の注意喚起は考えものだとのことでした。
私も夜22時過ぎにレストランからホテルに徒歩で帰りましたが、特に危険を感じることはありませんでした。
(6月中旬の21時でも若干白夜気味でまだ薄明るいです)

しかしながら、外務省からはこのような注意喚起もありますので、注意する必要はあります。

私達が普段決して会えない人たちにも会える場所

ウラジオストクと平壌(ピョンヤン)は高麗航空が週2便運航しています。
そして、北朝鮮の労働者はウラジオストクにいてます。
ウラジオCOMの宮本さんに北朝鮮の方たちが働いている北朝鮮系レストランに連れていってもらいました。

若干、恐る恐るお店に入ると、宮本さんと超にこやかに談笑をはじめるスタッフの人たち。
そして、お店の終わりがけに行って、ほぼお客さんがいないのに「日本からお客さんが来てるからショーをしてくれないか」と交渉したらこれまたにこやかにOK。

あれ、、自分がイメージしてる北朝鮮の人たちじゃないぞ…

個人対個人で付き合うとやはりそういうものなのですね。
いままで何か心の中にハードルがあったロシア、そして、決して会うことはないだろうと思っていた北朝鮮の人。
そんな人たちと関われる場所が、東京からわずか2時間ちょっとの場所にある。
なぜこんなに近い場所がこれまで日本人の頭の中になかったかいろいろ考えさせられます。

ウラジオストクがお勧めな理由

わずか4日間の滞在でしたが、不快に感じることは一切ありませんでした。(ホテルでの中国人のうるささぐらい(笑))
ロシアに行くんだと身構えていましたが、自然体で過ごせる街でした。
この記事を読んで興味を持った方はぜひ一度行ってみてください。
距離の近さだけでなく、心のハードルも実は低い場所だったということを体感できると思います。

最後に、私がウラジオストクをお勧めできる点をあげておきたいと思います。

1.東京からわずか2時間30分でヨーロッパ文化圏の街に行ける(関空からだと2時間5分!)
2.ロシアを身近に感じることができる
3.夏が涼しい!(一番暑い8月の最高平均気温が24度ぐらい)
4.料理が美味しい(ロシア料理も海鮮料理も)
5.親日で不快な思いをしない
6.治安が悪くない
7.あまり観光地してなくて客引きなどもなく、すれてない
8.普段決して交じ合わない人たちに会える
9.歩行者にやさしい(必ず車が止まってくれる)
10. 女性の美しさが際立っている

国内旅行感覚で行ける日本からもっとも近いヨーロッパ文化圏「ウラジオストク」。
これは行くしかないですよ!これまじ!

ニュージーランドに行くなら南島には必ず行け!

少し前の話しになりますが、3月から4月にかけて30日間、ニュージーランドに家族ノマドに行ってきました。

息子は地元の公立学校に3週間通い、いろんな人種の子に囲まれて、刺激的な毎日を過ごすことができたようです。

その学校がオークランドの市中心部からバスで1時間ほど離れたホウイックという街にあるため、私たちはこの街に滞在をしていました。
生活するには特に不自由なことはないこの街ですが、やはり郊外。2週間も過ごしていると退屈してきます。

そんなわけで、「妻と子よ、すまん!父は旅に出る」とワガママを聞いてもらい、5泊6日の南島への一人旅に飛び立ったのでした。

この旅が忘れられない、とても素敵なものになりました。
そんな訳で、今回の「これまじ!」はニュージランド南島の旅です。

室内ではメガネ、屋外ではサングラスとして使える2wayレンズ!「JINS COLOR CONTROL LENS」

家族ノマドでニュージーランドに来ています。
前回のオーストラリア滞在で失敗したのがサングラス。
あれほどまでに日差しがきついとは思ってもいませんでした。

現地で買えばいいじゃないと思われるかもしれませんが、私は普段はメガネをかけているので度付きのサングラスじゃないとダメなんです。
作るのに時間もかかると言われ、結局オーストラリアではサングラスをあきらめたのでした。

同じ轍を踏まないということで、今回は出発前にサングラスを購入しました。
これがとてもよかったので、紹介します!

シームレスにつながる一歩先の未来を体験させてくれるイヤホン「AirPods」


AirPodsいいですよ!
あの耳からうどんを垂らしてる感に抵抗はあったのですが、そこをスルーして買ったら「これまじ!」でした!

AirPodsを買ってから、何かしら聴いてる時間がこれまでの倍以上になったと思います。
それぐらい使い勝手がよいということです。

これはAirPodsだからというわけではなく、ワイヤレスだからということも含まれています。
今回、はじめてワイヤレスイヤホンを使ったのですが、こんな利点がありました。

1.◯◯しながら聴ける(中断しなくてもよい)
仕事中デスクを離れてトイレに行くとき、これまでは再生を止めて、イヤホンを耳から外してという動作がありました。
しかし、ワイヤレスであれば、このいずれも必要ありません。
さっと立ち上がってトイレに行っても、耳元では再生し続けてくれます。

2.コードのわずらわしさがない
いざ、イヤホンを使おうと思ったらコードが絡まっていて、「もう!」となったことはどなたでもあるのではないでしょうか。
また、目の前にコードが垂れ下がっていないのは想像以上のすっきり感があります。
そのわずらわしさがワイヤレスイヤホンにはありません。

ここまでは一般的なワイヤレスイヤホン共通の利点です。
さて、ここからAirPodsの便利さを紹介したいと思います。

1.ペアリングが非常にスムーズ
いろいろとワイヤレスな商品がありますが、なかなか端末とつながらずイライラした経験は多くの方にあるのではないでしょうか。
AirPodsはペアリングが非常にスムーズです。
一度Bluetoothでペアリングさせると、AirPodsをケースから出して、耳にセットするだけで自動的にペアリングしてくれます。

2.片耳から外すと再生がストップしてくれます
AirPodsを使っているときに声をかけられることもあります。
そんなときは片耳からAirPodsを外せばOK。
自動的に再生が止まってくれます。
そして、話しが終わって、耳にセットすると自動的に再開してくれるのです。
便利!

3.ダブルタップでSiriを呼び出せます
AirPodsを耳につけた状態で2回タップしてあげると、ペアリングされているiPhoneやMacbookのSiriを呼び出せます。
これが意外と便利で、再生端末から離れているときに、音を大きくしたいなと思えば、Siriに「少し音を大きくして」とお願いすると音量を調整してくれます。
iPhoneに電話がなったときも、ダブルタップでAirPodsを通して会話が可能です。

4.聴き終わりたいときは、ケースになおすだけ
聴き終わりたいなと思ったら、耳からAirPodsを外してケースに入れてください。
そうすると、再生が自動的にとまります。

5.充電が苦にならない
ワイヤレスの商品は頻繁に充電をする必要があることがストレスになることがあります。
しかし、AirPodsはストレスにはなりません。
ケースに入れるだけで、充電できるのです。
ケース自体の充電は自分の場合は、3,4日に1回ぐらいというペースでしょうか。

以上です!
いかがでしょうか。

私的には、耳にセットするだけで、自動的に感知してくれ、外すと自動的に再生を止めてくれてという機能がとてつもなく気に入ってます。
あと「充電しないと….」と思わせずにケースに入れると充電してくれるところも!
これまでイヤホンを使うときに微妙にストレスだなと思わせていたことが、シームレスに解決されているのです。

あと、これも重要なことだと思うのですが、耳に装着しているときの違和感が少ないです。
ですので、長時間、装着していてもストレスを感じません。

AirPodsを体験すると、近い将来、常に耳にAirPodsのようなものを装着している時代が来るんじゃないかと思わせてくれます。

AirPods、「これまじ!」です!

>>AirPods – Apple(日本)




「世界で最も評判のいい都市ランキング」2年連続1位のシドニーで家族ノマドしてきたよ!(・∀・)

今回の家族ノマドは12月10日から12月25日までシドニーに行ってきました!
赤道近くまでは行ったことはあるものの、実は今回初めての南半球でした。

オーストラリアって近いイメージがあったのですが、フライトは東京から9時間30分。
なんとフィンランドに行くのと同じ時間がかかりました。

東京からシドニーまでは約7,835km。
東京からフィンランドの首都ヘルシンキまでは約7,833km。
ほぼ同じ距離間なんですね!
普段メルカトル図法の地図を見ているので、実際の距離感はつかめていないんですね〜。

ここまで電子政府が実現している国があったのか!驚きの電子立国「エストニア」

フィンランドで30日間の家族ノマドの後は、エストニアに渡り10日間の家族ノマドをしてきました。

※フィンランドでの家族ノマドについてはこちらの記事をご参考ください。

皆さんはエストニアという国をご存知でしょうか?
恥ずかしながら、私は今回、滞在するまで名前は聞いたことがあるものの、どこにあるかも知らず、また、どのような特徴がある国かも知りませんでした。

森と湖の国フィンランドで過ごす「夏の家族ノマド」は想像以上に快適だった!

息子の受験でしばし途絶えていた「家族ノマド」。

晴れて中学生になったので、今年の夏から復活させました。
今年、夏の「家族ノマド」はフィンランド30日間&エストニア10日間の合計40日間です。

※「家族ノマド」については過去の記事をご参考ください。

フィンランドに決めた理由は友だちの奥さんがフィンランド人で、彼女にフィンランドの話しを聞いて魅力的な国だなと感じたこと。
教育レベル、福祉、そして国民の幸福度が世界の中でもトップランクの国であること。
フィンランドの夏の気候、英語が通じること、などがあげられます。

エストニアは正直、フィンランドのことを調べるまではどこにあるのかさえ、知りませんでした。
フィンランドの首都ヘルシンキからフェリーでわずか2時間たらずで行くことができる国であるということ。
スカイプが生まれた国であり、電子政府を進めているIT先進国であることに興味を持ち、エストニアにも滞在することを決めました。

本日がフィンランド滞在最終日。
まずはフィンランドでの「家族ノマド」の感想を書いてみたいと思います。

「カチッ!キュッキュッキュッ!」で快適フィット!近未来的シューズ「モンベル マリポサトレール」

このシューズいいですよ!

シンガポールに行くときに、ちょうど雨季に入ることが判明!
雨の中、快適に歩けるシューズがないかなとモンベルへ。

そこで見つけたのがこのシューズ。

マリポサトレール Low Men’s
mont-bell01

タイでVIP待遇を受けられるスペシャルカード「タイランド・エリート」


今日のゲストはシンガポール在住の中安知敬さん。

中安さんは大学卒業後、大手損保会社、大手コンサル会社、不動産ベンチャー企業という職歴を経て、2004年にシンガポールに移住。
そして、2010年からショッピングカート「CS-Cart」の販売事業を開始されました。

今回のシンガポール出張では、シンガポールで会社を興すメリットや現地での暮らしなどたくさんのことを教えていただきました!

働くママは絶対使うべき!一石”五”鳥の「ネットスーパー」


企業の女性活躍推進をトータル的にサポートする株式会社ナチュラルリンクを経営する髙野美菜子さん。
4月9日に明日香出版社から初の著書『もう悩まない!売上が確実にアップする女性営業の教科書』を出版されましたヽ(=´▽`=)ノ

もう悩まない!  売上が確実にアップする女性営業の教科書 (アスカビジネス) もう悩まない! 売上が確実にアップする女性営業の教科書 (アスカビジネス)
髙野 美菜子

明日香出版社 2015-04-09
売り上げランキング : 192018

Amazonで詳しく見る by G-Tools


家づくりのお役立ちサイト
住宅の評判を調べるなら、住宅CMサービスの運営する住宅の評判ナビ
http://www.towntv.co.jp/
  • 最近投稿した記事はこちら

  • ジャンル別に見る

  • このブログについて