Subscribe via RSS Feed

ご飯の友の決定版!美味すぎる100円缶詰「いなばのタイカレー」

加藤洋さん
今日のゲストはウェブ制作会社TAMの加藤洋さん。
加藤さんは社内で主にソーシャルメディアを担当されており、2011年10月にはFacebookに関する書籍も出されています。

TAMさんは、このように社員の方が社外で活動することが自由であり、加藤さんのように執筆したり、また、セミナーなどを開催される方もいらっしゃるとのこと。
社員の方に裁量を与えて自由に活動させてくれる会社。すばらしい社風ですね!

さて、そんな、加藤さんがお勧めしてくれた「これまじ!」商品はこちら!

いなばの100円缶詰シリーズ

チキンとタイカレー イエローは試食で食べちゃいました(;´∀`)

チキンとタイカレー イエローは試食で食べちゃいました(;´∀`)

この缶詰、100円とお手軽価格なのですが、味はかなり美味いです!

どの缶詰も、”本場タイで製造”と書かれている通り、かなり本格的な味付けです。

実際、私もインタビュー中に試食させてもらったのですが、食べる手が止まらず1缶まるまる食べてしまいました(笑)

TAMさんには昼食時に白米提供サービスがあるのだそうです。
毎朝、メーリングリストで、昼食に白米がいる人を聞いて、その日のご飯当番が人数分炊いてくれるのだとか!

そんな制度があるので、出張に行った人は必ず、その地域の美味しそうなご飯の友をお土産として買ってくることが恒例になっているそうです(笑)

そんな社内文化がある中で、とある方が見つけてきたのがこの缶詰。
加藤さんは、一度食べてやみつきになり、それからいろんな種類を買いだめして、度々食べているのだそうです。
(ハードなフランスパンと一緒に食べるのが加藤さんのお気に入りだとか!)

味も美味しく、かつ、結構でかい肉が入っていたり、また、化学調味料を使っていなかったりと、こだわりの逸品。
ダイエット中の私としては、1缶100kcal台というのも嬉しいポイントです。

いなばの缶詰の中身

昼食にはもちろん、夜ちょっとお腹が空いたときに食べるにもよい感じです。

これらの商品は西友、ローソン、いなばのオンラインショップ、Amazon、楽天にて購入できます。
私もさっそく全種類買い揃えてしまいました!

「これは、美味い!」
そりゃぁ、こんな幸せな顔にもなると言うものです(笑)

笑顔の加藤洋さん

    

おまけ:書籍出版秘話

一会社員である加藤さんがどのような経緯で書籍を出版するに至ったか、とても興味がありましたので聞いてみました。

なんときっかけはtwitterとのこと。
アスキーWeb Professionalというネットメディアがあります。
加藤さんは、その中にfacebookについて書かれた連載がないことにある日気が付きました。

そこで、加藤さんが取った行動は・・・
アスキーWeb Professional編集部のtwitterアカウントに「自分はfacebookについて書くことが出来ますよ」とコンタクトをとったのです。
すると、担当者から連絡があり、一度会いましょうということになったのでした。

加藤さんは、早速、次の日に大阪から東京に、5回分の連載内容を持参し、赴いたのだとか!
そこで、トントン拍子に話が進み、連載が決まったのでした。

そしてその時、アスキー社内の別の部署でFacebookに関する書籍の出版準備を進めていた編集者の方に加藤さんの連載が目に止まり、執筆の依頼をされ書籍を出すことになったのでした。

ソーシャルメディア担当者らしいアプローチと行動力によってもたらされた書籍の出版。
加藤さん、あっぱれです!

3つのステップでファンがグングン増える Facebookページ 制作パーフェクトガイド タイムライン対応版 3つのステップでファンがグングン増える Facebookページ 制作パーフェクトガイド タイムライン対応版
加藤洋 服部丈 告健士郎

アスキー・メディアワークス 2012-06-28
売り上げランキング : 319523

Amazonで詳しく見る by G-Tools


今回のゲスト
株式会社TAM.
ソーシャルメディアプランナー/アートディレクター 加藤洋さん (facebook

大手通信会社キャンペーンサイト、大手通販会社ECサイトなどを数多くWebプロジェクトを手掛ける。
FacebookやTwitterなどソーシャルメディア活用のノウハウ蓄積と情報発信を行なうサイト「Social Media 360.jp[役に立つソーシャルメディア情報配信サイト]」を運営中。
Facebookページ 制作パーフェクトガイドを執筆。


コメントは受け付けていません。

  • 最近投稿した記事はこちら

  • ジャンル別に見る

  • このブログについて